採用情報

型枠とはどういう仕事?< 建物が出来上がるまで >

型枠組とRC構造

型枠とはコンクリート建造物(マンション・学校・病院・住宅・ダム・上下水道水槽・高速道路・鉄道など)のコンクリートの形に合う枠を加工から施工まで行う、コンクリートの形の精度がmm単位で管理された、構造物の出来ばえに大きく左右される大切な工事である。

  1. 加工
    加工
    お客様と仕上がりや施工方法などの打合せを行い、施工図からコンクリートを流し込んだ後に建物の形になるように型枠の加工図を作成し加工する。
  2. 組立① スミ出し
    組立① スミ出し
    測量器を使い図面に記載されている柱などの位置を決める。基本になる通りを床に墨付けし、基本墨から寸法を計り柱や壁の位置を出し、建物の平面が解るようにする。
  3. 組立② 構築
    組立② 構築"
    床の位置を出した所に、図面より建物の形になるように加工をした柱や壁の型枠を正確な位置に垂直に建て込む。
  4. 組立③ スラブ
    組立③ スラブ
    上階の床を支える梁や天井部分を施工する。
  1. コンクリート
    コンクリート
    コンクリートを流し込む。
  2. 仕上げ
    仕上げ
    コンクリートの規定強度(固さ)が出たら型枠の柱壁の型枠を外す。梁や天井の型枠はコンクリートの設計強度がでたら取り外しする。
  3. 出来上がり
    出来上がり
    型枠の取り外しが完了後、仕上げ業者に渡す。